Miki Ishijima Blog

実家でなく近場の旅館に。居心地の良かった1歳児との温泉宿

Introduction

Featured

review

実家でなく近場の旅館に。居心地の良かった1歳児との温泉宿

Posted by Miki Ishijima on .

私の実家はちょっとうるさかったり、せまかったりと帰省してもあまり居心地の良いところではありません。(それが魅力でもあるのですが…)。赤ちゃん歓迎プランがあったので、あえて実家に近い温泉地の旅館に泊まり非日常を味わうことに。あまりにも良かったので、もし実家が温泉地に近かったり、栃木県に来ることがあるファミリーにも体験して欲しいと思いました。

母に頼れる気楽さと、贅沢な非日常のイイトコどりができる

実家が乳幼児仕様になってないと、やっぱり目が離せなかったりします。自宅は毎日使うからバウンサーやチェア、食器など用意しますが、それを実家に用意しておいて貰うのはちょっと悩みますよね。ほんの数回ですし。

長距離移動自体、子どもの負担になりやすいのにいつもと違う環境で不安定になってしまいがちです。

旅館であれば、ご飯や布団の上げ下ろし、お風呂の用意まで何からなにまでやってくれるから快適快適。実家でも自宅でも味わえない「母親業から解放された感」がありました。

溢れる非日常感

家から10-30分程度の距離であれば、早めにチェックインしてから祖父母に連絡して来てもらい遊んでもらうことができます。

また、唯一のネックになる食事。時間がかかるので子どもが飽きやすい。品数が多いので子どもから守るのが大変。祖父母に来てもらって見ててもらえば解決です。実母だからこそできるお願いですよねー。旅館の夕食って早いですし。

私たちが旅館の豪華な食事してるのを祖父母は見てるだけってことになるので、かなりアレな状況ではありますね…。

できれば客室付き露天風呂!!!

意外に難易度の高い、ワンオペ入浴

以前、スーパー銭湯に無計画に行ったことがありますが、大失敗でした。

おむつのとれない子の入浴は禁止か推奨されていなかったりするので、とても神経を使います。

私の行ったところは「排泄させないで」という注意のみで入浴禁止ではありませんでした。

しかも、脱衣所が広いので、あっちゃこっちゃ動きまわっちゃうんですよね。自分の髪もかわかせないまま、服を着るので精一杯。あとは、あまり他のお客さんに歓迎はされません。(すいませんでした…。)

客室付き露天風呂だから、気にしなーい!!!

写真は温泉ではなく、天然水の露天風呂です。

その1点だけでも奮発する価値ありです。外で、良い景色を見てお風呂に入るってだけなのに、なんでこんなに気持ちいいんでしょうね。本能レベルで体が喜んでるとしか思えない。

結婚前に銀山温泉でも、同様に客室付き露天風呂に2日ほど連泊しました。

クリスマス時期のさむーい時でしたので、人も少なく、雪をかきわけて、ランチを食べて、凍えながら部屋に帰ってきて、部屋に入ってすぐ服を脱ぎすてて露天風呂にどぼん!!! すっごい寒いけど、体があったかくて幸せでした。本当にオススメ。

それ意外は家と一緒にできる

父親も一緒に入れますので、様子を見てもらったりできますし、洗うのも、着せるのも協力できます。部屋であれば、歩きまわっても知らない人のところに行くことはないので、すごく、すごく精神的にラク!!!

いつでもサクっと入れる

ここからは子連れ関係ありません。個人的に大浴場はあまり楽しくないんですよね。もともと温泉地が地元だからというのもありますけど、日帰りとかで死ぬほど行きましたし下記のような理由でそれほど楽しめないです。

  • 経路や準備で気軽に入ったり出たりが面倒
    • バスタオルとか持っていったり
    • 大浴場まで服着てないといけない(当たり前)
  • メガネ付けて入ると不審者
    • ハズすと景色も何も見えない。露天の意味なし
  • 男女別なのでつまらない
    • だいたい友達と来てもひとりで静かに風呂ることになる
    • 家族と一緒に入りたい

今回利用したプランでは、温泉ではなく地下天然水です。 ですがそれでも私の中では 天然水客室付き露天風呂 >>>>> 温泉大浴場です。大浴場はオマケ。

客室に付いてる露天風呂だとこのように楽しめるのです。

  • トイレ並に気軽に入る
  • メガネ付けたままの入浴で景色を楽しめる
  • お酒も持ちこめる!!!
    • 事故のもとなので飲みすぎ注意
    • 宿泊したホテルでは大浴場に持ち込めるお酒もある模様
  • 部屋の家族と会話しながら、ひとりでお風呂が楽しめる
    • こんなの旅館じゃないと無理ですね。

部屋にマッサージチェアもあるプランだったので風呂→マッサージチェアの無限ループを楽しみました。

そら寝てまうわ。

利用した宿とそのプランについて

赤ちゃんと一緒に家族旅行!! 赤ちゃん初めての旅館デビュー 【2歳未満のお子様無料】[奥の院 ほてる とく川]-じゃらんnet

日光駅から近く、少し細い小径を進んだところにひっそりとした静かな御宿です。まわりが自然に囲まれていて、川?のせせらぎがとても気持ち良いものでした。

子どもがイタズラしやすいものは、事前に伝えると撤去してくれます。

掛け軸や花瓶などは撤去していただけるようです。また、ポットやガラス類は入室時に中居さんが移動してくれます。

ただ、和室用ローテーブルの角にはコーナーガードはありません。うちは自宅でもつけていないのでまったく気になりませんでした。

ダイニング的な部屋

部屋付き露天風呂のシャワー部分

その他嬉しいポイント

  • 無線LANでネットオタクに優しい
    • でもちょっと貧弱な回線
  • 夕飯が部屋食、朝食は個室
    • テレビで気をまぎらわせたり、席をハズしてあやしたりしやすいので、子連れに最適
  • バスタオル多め
    • 普通のプランでも多めにしてくれたらいいのにねー
  • タバコは外
    • 露天風呂のある眺めのいいところにイスと灰皿があります
  • 部屋は事前に消毒してくれてるらしい
    • さらに空気清浄機がある
  • バウンサーやベビーチェアあり

持ってくると良いもの(忘れがちなもの)

おむつやお尻拭き、着替えやよだれかけなど、いつも必要なものは持参しましょう。 ただお泊まりとなるとさらに必要なものがあるんですよね。

いつも忘れてしまうので書いておきます。

  • 子どものパジャマ
  • 子ども用の歯ブラシ (お尻拭きなどで歯を拭くのでも可)
  • ベビーソープ
  • 保湿剤
    • ベビーローション
    • ワセリン

もっと近場の安旅館に素泊まりも試してみたい

今回は、奮発して客室付き露天風呂にしてみました。毎回帰省の度にとは行かないのでもっと近所の旅館に素泊まりというのも試してみたいです。

日光パーフェクトガイド

user

Miki Ishijima

http://mikiishijima.com/

デザインワーク、ソフトウェア開発のワークフロー、デザイン自体の考え方に関する著書を持つ。2013年にザ・マーズナレッジ株式会社設立。