Miki Ishijima Blog

二人目が生まれます

Introduction

Featured

diary

二人目が生まれます

Posted by Miki Ishijima on .

二人目を妊娠して4ヶ月目に入ります。どんな事を思っているか、以前の妊娠と何が違うかなどを書き残しておきます。

猫ではなく、人間の赤ちゃんを授かりました。

一人目出産から1年たたずしての懐妊です。

あまりの早さに、自分たちがびっくりしてしまいました。今回のことは偶然のできごとだったのですが、神様の嬉しいサプライズですね。

一人目との違い

気持ちの整理をつけるのに時間がかかったことでしょうか。

普通は一人目の妊娠のときにさまざまな驚きや不安、喜びの感情などがぐるぐるするものだと思います。

しかし、私たちは一人目は欲しくて、計画をして授かれたので驚きなどはなく、喜びのみでしたので気持ちも落ち着いていてすんなりと妊娠初期を終えられたのです。

それに比べて今回は、主に私だけですが気持ちの整理をつけるのに時間がかかりました。

  • 欲しかったから嬉しい!
  • 今度は女の子がいいな
  • 高齢出産(35歳)になる前に出産終えられて良かったじゃん
  • でも、お兄ちゃんがもう少し自覚できるようになってからのが良かったかな
  • ていうかお兄ちゃんのおっぱい続けられるの?
  • てか本人お兄ちゃんとか言われてもまだ分からないよね
  • 大きいお腹を守りながら育児できるのかな
  • 産後の動けない期間、お兄ちゃんどうしよう
  • 離乳急いだ方がいいのかな
  • てか1年もしないうちに二人目ってひえええええ

このような事柄が、泡のようにそこら中に浮かんでは消えて何も考えがまとまらない。

お兄ちゃんになるんだよー


直感・衝動で行動してきた自分は、生まれてはじめて「気持ちの整理がつかない」という状況に陥りました。

まさか34歳にしてそんな初体験ができるとは。まだまだおもしろい事いっぱいですね。

とは言え、グルグルしていたのは私だけで旦那さんはすんなり受け入れていたように思います。

一人目は一ヶ月のみだった育児休暇、今回は贅沢に3ヶ月も確保してくれるのだそう。頼もしいですね。

つわりが全然違う

一人目と同じようにならないのにビックリです。

無気力になりがちなのは共通なのですが、今回はごはんがすっごく美味しいです。

そしてとても眠いです。

お兄ちゃんが夜中起きるので寝かしつけに起きているせいもあるのかもしれませんが、午前中に起きるのもギリギリです。

なのにお昼寝もして、夜もぐっすり寝てしまいます。

これが眠りづわり?というやつか…。

またたく間に時がすぎる

一人目は、恐怖や緊張が大きく時間もそれだけ長く感じていました。

※ 駅のホームで押しとばされたら…。とか階段で転んだら…。とかそういう恐怖です。妊娠自体はすっごく楽しかった。

現在は15週目でして、妊娠期間も折り返しにさしかかろうとしていますが、いつの間にかお腹もそこそこ大きくなってきてポカンとしています。育児の楽しさがそうさせてくれてるのでしょうね。

この調子であっという間に生まれてくれますように。

ちょっと甘くなる

これは、やはりというべきか。妊娠中は糖尿病になりやすい私ですので今回も糖質制限をする気ではいるのですが…。

というか、気持ちではしているのですが…。

趣味もどことなくおばちゃんくさくなりました。野菜を再生栽培してるところ。


炊飯器買ってからお米はおいしいし、お兄ちゃんのデザート用に買う果物も美味しいしで、なんだかグダグダになってしまいそうです。

せめて…! 白米だけでも制限せねば…!

妊娠報告にとまどいがなくなる

一人目のときはなかり意を決してブログ書いてましたが、今はもうただの日記感覚でつらつらと書いてますね。

良い意味で気がぬけていいんじゃないでしょうか。

と、言うことでこれからはSNSでおおっぴらに一人目とか二人目とか書いてまいります。

(今までもそこまで隠していなかったので既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが…)

仕事復帰について

ちょっと大変なのが仕事ですね。やっと復帰できてきたと思った矢先の妊娠だったので、関係者の方には途中で保留やら辞退になってしまったりでご迷惑かけどおしです。

自分のことなんてそろそろ忘れられてるんじゃないかと不安もありますが、そうなったらそうなったでイチからキャリアをやり直せばいいや。くらいに楽観的に思えるようになりました。

あぐらをかいてるだけの状態は避けねばなりませんが、自分が得意としている部分はしっかりと理解できているつもりです。

カムバックした時の潮流に合わせて、自分を更新させられれば、今と違う業界かもしれませんが仕事はいずれ作り出せる。

そう、どしんと構えて、今は家族をバックアップ + お腹の子が健やかに成長できるように毎日を過ごすのみです。

そういう風に思えるようになったのも今の年齢まで仕事をしていて、いろんな方と触れあえたからでしょう。

それを財産だと思えるようになった自分の価値観のうつりかわりも含めて、良いタイミングで充電期間になったと思います。

出産に合わせてお兄ちゃんも保育園に入れられるかもしれないので、小さくですが、復帰は早めに行えると思います。

もう少しだけお待ちくださいませ。

ではでは。

おやすみなさい。

user

Miki Ishijima

http://mikiishijima.com/

デザインワーク、ソフトウェア開発のワークフロー、デザイン自体の考え方に関する著書を持つ。2013年にザ・マーズナレッジ株式会社設立。