Miki Ishijima Blog

幸せは自給自足

Introduction

Featured

diary

幸せは自給自足

Posted by Miki Ishijima on .

「幸せになれるかな?」や「幸せにしてもらえそう」と考えてしまうのは危険だと思ってます。「自分の幸せ」を人に任せることほど不幸なことはないのかもしれません。

結婚をしたとしても、性別関係なく「自分が相手を幸せにしてやるんだ!」くらいの気持ちでいきたいというのが私の考えです。

「してあげる」の天秤

「相手が何かしてくれないと幸せになれない。」場合、相手が負担と感じた時にはどうすればいいのでしょう。

もしくは、自分は充分すぎるほど与えているのに、相手がそれに見合う幸せを返してくれない場合は?

与える幸せの量というのは人それぞれ違うので、お釣りがでたり、足らなかったりします。滑稽な事だと知っているのに、それをああだ、こうだと言いたくなり、我慢してもんもんとします。

それなら貰わない方がラク。

「期待」からの開放

返してもらったものの大きさを評価するのは、自分の器の小ささを再認識してしまうので、気付くたびに情けなくなります。なので、私は相手に期待をしないクセがつきました。

与えるときは、返ってこなくて当たり前だと思う方がラク。自分が与えたいから与える。

そうすると、何か返ってきたら嬉しいと思えるようになりました。前は返ってきてもその大きさなどを気にしていたのに、これは嬉しい変化でした。

相手が横にいるだけで幸せなのです。何かしてあげることも楽しめるようになってきました。

幸せを自分の内側から作れるように

別に幸せのもとは人でなくてもかまわなくなりました。

  • 「おいしいゴハンが作れた。幸せ。」
  • 「書いていたコードが動いた。幸せ。」
  • 「面白いソフトウェアを使ってみた。幸せ。」

幸せを自分で決められると、生きるのが非常に簡単になりました。

わたしは、「他人から良い評価を得たい」とつねづね思っています。でも、それが叶わないからと言って、「自分に価値がない」とは思わなくなりました。

「幸せ」を感じられると自然と自分に自身がつくのかもしれません。

user

Miki Ishijima

http://mikiishijima.com/

デザインワーク、ソフトウェア開発のワークフロー、デザイン自体の考え方に関する著書を持つ。2013年にザ・マーズナレッジ株式会社設立。