Miki Ishijima Blog

帰ってから、甘いものが食べたくなってもいいようにと思ったのだ。

Introduction

Featured

diary

帰ってから、甘いものが食べたくなってもいいようにと思ったのだ。

Posted by Miki Ishijima on .

タイトルの元ネタたち

このエントリは糖質制限 Advent Calendarの 4日目のエントリです。前日は Fried_GarlicHKTさんの「ダイエットにおける正反対な主張 」でした。

妊娠とわたしと糖質制限

低糖質ダイエットはカロリー計算とは無縁なので、肉、魚、野菜、乳製品などは食べ放題です。要は炭水化物の摂取を減らせばいいのですね。

※わたしの場合はダイエット目的ではなく、血糖値コントロールのために実践しています。妊娠糖尿病というヤツです。

結果的に、赤ちゃん分の体重微増、顔肉すっきり(若干)してきたような。

それまでのコンビニでの買い物

  • 野菜生活 (200ml/糖質13.3g)
  • 飲むヨーグルト プルーンFe (190g中/炭水化物:23.2g)
  • 午後の紅茶 ミルクティー (100ml/炭水化物7.8g)
  • コンビニ弁当(ハンバーグ or パスタ or サンドイッチ)

計算が苦手なのですが、ざっくり計算して200g近い糖質を摂取していそうな感じです。これとは別にアルコールや夕食、そして間食で甘いもの。飲み物はジュースときているのですから、そりゃあかなりの糖質を1日に摂取していたのでしょう。

上記のような「食事とも言えない何か」から、血糖値コントロール訓練の副産物で自炊率 70%(旦那談)になり、妊娠糖尿病発覚から約3ヶ月。少しずつ慣れてきたので「糖質制限初心者」くらいにはなったのではないでしょうか。

甘いものが欲しい…!

はじめの一歩 42巻より

はじめの一歩 42巻より

減量とは違うので、ステーキなどはバリバリ食べまくるのだけれど、なによりも「甘いもの」。これが食べたくてたまらない!!!

お茶がわりにジュースを飲むような食生活をしていた自分にとって、主食が食べられないことよりも、甘いものが食べられないのがツラいと気付きました。

たいして意識していなかったけど、「甘いもの」は主食以上にわたしの食生活を埋めつくしていたんですね…。

摂取量を決めて適度なガス抜きを!

そんな時にネットで知ったのがナチュラルローソンの存在。低糖質のおやつがたくさんあるんですってよ奥さん!

ナチュラルローソン 堕落型糖質制限者の救世主 ナチュラルローソン

半年で15キロヤセたアラサー男のストレスフリー糖質制限というブログを見つけて知り、喜び勇んで最寄りのナチュローへダッシュ。紹介されている商品の一部しか揃っていませんでしたが、それでもかなり私の甘いものへの欲求を満たしてくれました。

リピート確定、満足度の高い低糖質スイーツ

グリコ “カロリーコントロールアイス” チョコバー ~ビター~

  • チョコ感たっぷり
  • 甘みがしっかり感じられる
  • 量がちょうど良い
  • 糖質が普通のラクトアイスの半分! ※ 日本食品標準成分表2010ラクトアイス(普通脂肪)と比較

食べたあとの血糖値も平均値をキープできる!!! もっ最高です!

アイスって甘味も感じやすいし、特別感もあって良いガス抜きになりますね。

ナチュラルローソンには、パンケーキやクリームサンドなどでも低糖質のものがたくさんあります。すでにたくさんのレビューがあるので、ここでの紹介は割愛いたしますが、ダイエットとして糖質制限する方もぜひ試してください。

クリスマスケーキもあるよ

恋人や伴侶とのクリスマスにケーキがないのは絵になりませんね!!!

え?ケーキはあるけど彼女がいない?うわなにするやめry

かといって、相手にも我慢を強いるのも楽しさ半減です。そんなアナタにおすすめなのがローソンの低糖質ケーキ!!!

ブランのガトーショコラ 5号

5号という4-8人向けのケーキサイズで糖質が35.4gというのは非常にありがたいものです。

この冬はナチュラルローソンとともに気軽に糖質制限をはじめてみては?

user

Miki Ishijima

http://mikiishijima.com/

デザインワーク、ソフトウェア開発のワークフロー、デザイン自体の考え方に関する著書を持つ。2013年にザ・マーズナレッジ株式会社設立。